MENU

ほうれい線を消すメイク術

顔の印象を決める最も大きな要素が、シワです。眉間のシワや目じりのシワなど、いろいろなシワがありますが、一番大きくその人の年齢を表し、その人を印象付けてしまうのが、ほうれい線のシワです。マッサージや保湿、美容液によってほうれい線を予防したり、薄くしていく努力も必要ですが、できてしまったほうれい線を消す、または目立たなくするメイクを覚えると、顔の印象がぐっと変わります。

 

ほうれい線を消すメイクの第一段階は、メイク前の洗顔後から始まります。洗顔後に化粧水や乳液を塗りこむときに、ほうれい線に濃い目に塗り、両手の人差し指を当てて耳元の方へ持ちあげていきます。これによって、筋肉が上方修正されると同時に、リンパが流れて頬にハリが生まれ、ほうれい線を薄くすることができます。

 

次にメイクですが、下地は、毛穴をカバーする力のある、シリコン製ものをお勧めします。毛穴をカバーするということは、肌の凹凸を目立たなくする効果があるということなので、ほうれい線を隠すのにも効果があります。下地の後は、コンシーラーをほうれい線上に薄く叩くように伸ばします。濃く塗ると化粧崩れでほうれい線の溝に溜まってしまうので、明るい色のものを薄く塗るのがポイントです。ファンデーションも同様に、ほうれい線部分は他の部分よりも薄付きになるように乗せていきます。以上で完成ですが、ハイライトを軽く乗せるのもよいと思います。

 

そうはいっても、化粧崩れとともに目立ってきてしまうのがほうれい線です。1日に何度かは鏡を見る機会があると思うので、必ずほうれい線はチェックし、ファンデーションが線上に溜まっていたらきちんと化粧直しをするか、軽く指やハンカチでなぞったりして、ファンデーションを取り除いておきましょう。