顔のたるみ

顔のたるみやほうれい線は、女性であれば誰もが気になるところです。世の中の女性がもっとも気にしている顔のしわのトップは「ほうれい線」次いで、「目じりのしわ」。人と対面したときにもっとも目に止まるところなので、とても気になりますよね。
実は顔のたるみは年をとってからではなく、20代から始まっていると言われます。
顔の皮膚の下にある筋肉や脂肪は、年齢と共に減っていき、それと同時に、肌の弾力性も失われて、皮下組織との間にすき間ができてきます。これは自然現象で避けようのないことです。しわやたるみをもたらすこの自然現象は、このように年齢を重ねるごとに容赦なく進行していくものなのです。さらに肌のコラーゲンが少なくなり、硬化して肌のハリや弾力が失われることによっても肌がたるみます。リンパの流れが滞るのも原因になります。リンパの流れが滞ると老廃物が溜まり、むくみが生じ、脂肪がつきやすく、たるみの原因になります。
シミやシワなどもそうですが、見た目年齢を上げやすいものとして「顔のたるみ」があります。
個人差はあるものの、10歳は老けて見えてしまう「顔のたるみ」・・・そんな嫌な顔のたるみの原因と解消法とは・・・?

 

顔のたるみの原因

肌弾力の低下

肌の弾力が低下すると、顔のたるみの原因になります。私たちの肌の真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分があります。肌の弾力は、これらの成分が真皮層に適切な構造で十分に存在することで保たれています。しかし、様々なことが原因で真皮内で、バネのような構造で肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチンの質が変化して、肌の弾力が失われます。

紫外線

紫外線、特にUVAは紫外線の中で最も波長が長く、真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す「繊維芽細胞」という細胞にダメージを与えます。線維芽細胞がダメージを受けると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成量が減ってしまうだけではなく、これらを分解する酵素が過剰に分泌され、肌の弾力が失われます。

生活習慣

繊維芽細胞がコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成するには、たんぱく質やビタミンCをはじめ、様々な栄養素が必要です。食生活のバランスが悪いと、線維芽細胞に十分な栄養がいきわたらず、肌のハリが失われます。特に、すべての細胞生成に関わりコラーゲン生成の材料にもなるたんぱく質や、コラーゲン合成や新陳代謝を促進するビタミン・ミネラルなどが不足すると肌の新陳代謝が滞り、皮膚機能を維持できなくなるため、肌が荒れやすくなります。また、「お肌は夜作られる」と言われるくらい、睡眠は肌にとって重要です。睡眠中には、皮膚細胞を構成するたんぱく質の合成が盛んになり、細胞に栄養をあたえ、肌のダメージを修復する『成長ホルモン』が分泌されます。睡眠が不足すると、睡眠中に行われる肌の新陳代謝がスムーズに進まず、酸素、栄養、老廃物の交換が滞り、たるみに繋がります。
他にも、長時間のパソコン作業を強いられている人は、首の位置のずれがよく起こり、このズレが顔のたるみや歪みを引き起こしてしまいます。首の位置が前にずれていると、体は無意識のうちにバランスを修正しようとして首の筋肉に余計な緊張がかかり、ラインがくずれます。そして、緊張した首の筋肉は顔の筋肉を下へ引っ張ろうとするので、顔にシワやたるみができてしまいます。

ストレス

ストレスもお肌に大きな影響を与える要因になります。ストレスとは、外的ストレス
(紫外線・空気の乾燥・摩擦などの肌への刺激・たばこの煙・ほこり)内的ストレス
(心理的な疲れ・不規則な生活・睡眠不足・食生活の乱れ・疲労)など強いストレスを受けるとストレスホルモンが分泌され、血管を収縮させたり、免疫機能の低下、基底細胞増殖力の低下等が起こり、肌のターンオーバーが崩れて、肌のバリア機能までも低下してしまいます。そのためストレス状態が長く続くと、肌の機能低下が生じ、肌荒れに繋がります。

タバコ

タバコを吸うと、タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させ血行を阻害するため、酸素や栄養物が皮膚に運ばれにくくなり、皮膚の働きを衰えさせます。
また、タバコは体内に大量の活性酸素を発生させ、体の中のビタミンCが破壊されることからコラーゲンが不足し、お肌の老化が進みます。コラーゲン生成を促進し、メラニンの生成を抑える働きがあるビタミンCが喫煙により破壊されると、シワやたるみが起こり、肌のツヤもなくなります。

乾燥

乾燥が進むと肌のハリやツヤが失われ、結果として肌がたるんでしまいます。
若いうちは豊富なヒアルロン酸やコラーゲンも年齢とともに減っていきます。そうすると、肌の機能は低下し、肌自体を支えるのが困難になり、たるみの原因となります。

間違ったダイエット

短期間での食事制限のみの過度なダイエットも顔のたるみの原因のひとつと考えられます。
無理なダイエットをすれば体全体の新陳代謝が悪くなります。
運動を取り入れず、食事中心のダイエットを続けると、体全体の筋肉量が落ち、
リフトアップの役目を果たせなくなります。
その結果、皮下脂肪を引っ張ることができずたるみとなってしまうのです。
顔の表情筋が衰えると、血行も悪くなり老廃物が溜まりむくみやすくもなります。

 

顔のたるみの解消法

多くの人は、たるみの原因は一つではなく、複数の原因が複合的に絡み合って、顔のたるみを引き起こしていますが、顔のたるみやほうれい線が出来てしまう最大の原因は、顔の筋肉の衰えです。
筋肉は使わないでいると、細く薄くなってしまいます。つまり、顔の筋肉を鍛えれば、確実にリフトアップされ、顔のたるみが解消できるのです。
顔には50種類もの筋肉が存在しており、表皮や脂肪を支える「顔の土台」となっています。
顔の筋肉は、他の筋肉と比べて、非常に薄く繊細であるがゆえに、効果も出やすいと言われています。
日常生活の中で少し気をつけながら、顔の筋力をアップさせていきましょう。
人と会話をするときに大げさに表情を作って動かしたり、よく噛む必要のある食材を選んだりするなどです。
筋肉を鍛えるのに、年齢は関係ありません。今からでも決して遅くはないのです。

 

 

顔のたるみに効くエクササイズ解消法

顔のお手入れだけでなく、首の緊張をほぐすことも顔のたるみの解消には大切です。
あ・い・う・え・お 体操
【あ】・・・口をゆっくりと縦に大きく拡げ「あ」の形を作るとともに、目を大きく見開き、息を吐きながら、10秒間「あぁーーー」と言い続ける。
【い】・・・口をゆっくりと横に大きく拡げ「い」の形を作るとともに、目も横に伸ばすようなイメージを意識しながら息を吐きながら、10秒間「いぃーーー」と言い続ける。
【う】・・・梅干のような酸っぱいものを食べた感じのイメージで、口と目をゆっくりとすぼめていき「う」の形を作り、息を吐きながら、唇を前に突き出す感じで10秒間「うぅーーー」と言い続ける。
【え】・・・口を縦に広げるというよりも、四角く拡げるような感じに広げ「え」の形を作るとともに、目も大きく見開く。息を吐きながら、10秒間「えぇーーー」と言い続ける。
【お】・・・口を縦長の形にするような感じでゆっくりと拡げていき「お」の形を作るとともに、目も丸めるようなイメージで拡げていく。息を吐きながら、10秒間「おぉーーー」と言い続ける。

頬のマッサージ

両の手でこぶしをつくって口の端にあてます。口角を引き上げるようにしながら下から上へ頬をマッサージしましょう。少し痛くて気持ち良いくらいが、ちょうど良い強さです。

リンパのマッサージ

両の手でこぶしをつくって鎖骨のすぐ下にあて、下から上へ鎖骨に沿って優しく丁寧に、リンパを流します。お風呂に浸かりながらやると更に効果的です。

耳のマッサージ

耳の淵を外側に引っ張るだけの簡単なマッサージです。耳と一緒に目元の筋肉も引っ張り上げる様なイメージですると効果的です。

割りばしトレーニング

まず、割り箸を口にくわえます。くわえたら、口を「い」の形にして口角を上げることを意識し、(この時声に出して「い」と言いながらやるとやりやすいです。)口角が割り箸の線より上がるようにします。そのままの状態を30秒間キープします。これを3回行ないます。

肌の細胞活性化

肌の細胞を活性化するため、42度の高温で洗顔を行います。美容外科などでも行われている「ヒートショックプロテイン」を利用して、コラーゲンの生成を促します。
42度のお湯で洗3分間洗顔を行います。そのあと、42度のお湯につけしぼったタオルを
2分間顔にのせます。つまり5分間温める、ということです。
これを一日2回行います。洗顔後は、しっかり、たっぷりの化粧水で保湿をしましょう。

クレンジングの選び方

クリームタイプのクレンジングは、保湿力が高いので、肌を乾燥させません。顔になじませたら、ぬるま湯で流しましょう。気を付けることは、ゴシゴシやらないこと、すすぎはぬるま湯でやることです。ゴシゴシすると刺激でたるみの原因に。冷たすぎると刺激になり、熱すぎると肌の乾燥を促進します。このように乾燥肌にしてしまう原因のひとつが、クレンジングです。乾燥肌は与えるケア重視だと思われがちですが、実はクレンジングがとても重要なのです。正しいクレンジングでしっかり乾燥を防げれば、他のお手入れの効果をしっかり得られます。

お肌のハリを増加させる成分が配合されたスキンケアを選ぶ

ビタミンC誘導体(ハリ増加、美白、収れん効果)、レチノール(コラーゲン増加促進、美白)、コラーゲン(ハリ増加)これらの成分はコラーゲンの生成を促進したり、ハリやツヤをアップさせる効果などを持っています。
週に一度は、マスクパックを使う事をおススメします。栄養の足りない肌に美容成分をチャージすることで、乾燥から肌を守れます。
たるみを真皮からお手入れするには、美顔器やエステサロンが必要ですが、まずは表面の乾燥対策ができていなければ、その効果もムダになります。たるみにとって、乾燥対策はそれくらい重要なもの。乾燥対策でターンオーバーが整えば、栄養を逃がさず、キレイな肌が生まれて、たるみが改善されます。
保湿効果の高い成分を配合しているものが大切ですが、乾燥肌・敏感肌の人はなるべく低刺激なアイテムを選ぶことも大切です。

良質な睡眠・食事

良質な睡眠を取ることは、たるみの予防にとても大切なことです。睡眠時間が少ない日が続くと美肌ホルモンというエストロゲンの分泌量が減り、乾燥しお肌の張りが失われてしまいます。
良質な睡眠を取るように心がけましょう。
バランスの良い食生活もとても大切です。お肌に良いコラーゲンやヒアルロン酸が含まれた鶏肉の皮や、イソフラボンが含まれる納豆、キュウリなどのウリ科の野菜にはアミノ酸が多く含まれており、新陳代謝の向上に期待がもてます。食生活を見直し、張りのある健康的なお肌と身体を手に入れましょう。

 

 

顔のたるみ解消アイテムランキング

 

ラインナップ訴求

ドクターリセラ「透輝の滴(とうきのしずく)」の特徴

8種類のGF、GF様成分を配合したハリと弾力を叶えるエイジングケア美容液です。 コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を促進し、健やかなお肌を保ちます。 また、石油系合成界面活性剤、パラベン、合成香料、合成着色料、鉱物油など、お肌に不要な成分は一切配合していません。 100%有用成分でできた特別な美容液です。

評価 評価5
 
 
ROSYの特徴

今話題の「AGOS」の「ローズィー」です。 「anan」の小顔特集にも掲載され、ベストコスメ大賞スキンケアクリーム部門で3位!TVにも登場! このクリームはもともと美顔エステサロン専用のクリーム。 小顔ダイエットフェイシャルで最後の仕上げに使われていたクリームを、自宅用に開発したものなんです。 肌を活性化させ、気になる目の下のたるみ・シワ に効果的に働きかけます。口コミで人気のリフトアップクリーム

評価 評価5
 
 

すっぽん小町

すっぽん小町の特徴

美容サプリで!は異例の大ヒット!! ぴんとしたぷるぷるの潤い美肌を目指すには、良質なアミノ酸を含んだコラーゲンを摂ることが大切です。 「すっぽん小町」にはコラーゲンをつくる良質なアミノ酸がたっぷり! 「すっぽん小町」で使用する「はがくれすっぽん」は、東京の築地市場でも最高級ブランドとして扱われる、大変優れたすっぽんです。 外部で育ったすっぽんを一切混ぜず良い血統が受け継がれ、品質が保たれています。

評価 評価4.5
 

 

たるみを真皮からお手入れするには、美顔器やエステサロンが必要ですが、まずは表面の乾燥対策ができていなければ、その効果もムダになります。たるみにとって、乾燥対策はそれくらい重要なのです。乾燥対策でターンオーバーが整えば、栄養を逃がさず、キレイな肌が生まれて、たるみが改善されます。

 

保湿効果の高い成分を配合しているものが大切ですが、乾燥肌・敏感肌の人はなるべく低く刺激なアイテムを選ぶことも大切です。紫外線対策もとても大切ですので、普段の生活の中でも紫外線には気を付けるようにしましょう。マッサージでリンパ液と血液の流れをスムーズにすることも良いでしょう。

コラム

リンパマッサージと顔の筋肉で「ほうれい線」を消す

ほうれい線は、一番年齢が顔に出てしまう部分です。目を大きく見せたり、顔をすっきりと見せたり、鼻を高く見せたりすることはある程度お化粧の力でできます。でも、ほうれい線だけは、そこに線がある以上、どうお化粧をしても完全に消すことはできません。

>>続きはこちらから

ほうれい線を消すメイク術

顔の印象を決める最も大きな要素が、シワです。眉間のシワや目じりのシワなど、いろいろなシワがありますが、一番大きくその人の年齢を表し、その人を印象付けてしまうのが、ほうれい線のシワです。マッサージや保湿、美容液によってほうれい線を予防したり、薄くしていく努力も必要ですが、できてしまったほうれい線を消す、または目立たなくするメイクを覚えると、顔の印象がぐっと変わります。

>>続きはこちらから

食物繊維たっぷりグラノーラ

綺麗なお姉さんはグラノーラ女子だった
美意識の高い女性が多くなって、男性でも基礎化粧を欠かさない人が多くなってきていますよね。
そんな中、スーパーで買い物をしているとシリアルをよく購入している女性を見かけます。

>>続きはこちらから

 

更新履歴